アーカイブ | 11月 2016

  • ジスロマックは最初の服用で効く最新クラミジア治療薬

    ジスロマックは、クラミジア感染症を治す薬として有名で、一回の服用で効果があるのが特長です。薬の効果は約7日間続くので、服用者にかかる負担が少なくて済みます。そして、クラミジアが90%の確率で完治するので、性病治療薬としては最新なものだと言えます。クラミジアは感染率の高い性病なので、薬を服用して完治した後も、パートナーが感染していると再び発症する恐れがあります。それ故、男女ともに検査を受けて、適切に服薬を実施することが大切になります。服用量としては、一回に1000mgの服用となり、通常は500mgの錠剤を2錠服用します。但し、胃腸が弱い場合は下痢や腹痛等の副作用を発症するので、3日間に分けて服用することもできます。食前・食後何れも服用することができますが、胃腸が弱い人には食後2時間以上経過してからがオススメです。そして、効き目が長く続くので、クラミジアを完治させることができるわけです。ジスロマックは、一回の服用で済むので、経済的な負担も少なくて済み、津城は副作用もほとんどありません。主成分としては、アジスロマイシン水和物となっており、細菌性の感染症全般に効果があるとされています。当薬剤は一般の病院などでも使用されており、幅広く有用性が認められています。また、アジスロマイシンは、グラム陽性菌及びグラム陰性菌に対しても効果があり、マイコプラズマ等の悪性の咳を伴う病気にも効くことが認められています。ジスロマックは、比較的に副作用が少ない薬剤ですが、場合によって腹痛や下痢、発熱や嘔吐を伴うこともあります。これらは消化管関係の症状となっており、マクロライド系の抗生物質全般に当てはまるものです。通常は、ジスロマックは妊婦が服用しても問題がないとされていますが、もし最初の服用で副作用の症状が酷ければ、かかりつけのドクターに相談する事が適切です。