体にクラミジアの自覚症状を感じたらジスロマック

クラミジア感染症は、性病として有名な病気ですが、もし、かゆみなどの自覚症状を体に感じた場合は、なるべく早めにジスロマックという薬を服用することが大事になってきます。このジスロマックの特徴としては、1回の服用で済み、さらに薬の効果が1週間ほど継続するので、服用することを忘れることなく、クラミジア感染症を治療することができるという特徴があります。また、ジスロマックでクラミジア感染症が治癒する確率は90パーセント以上といわれているので、かなりの人がこの薬で感染症を改善させることができると言えます。ただし、クラミジア感染症は感染率が高いので、自分だけではなく、パートナーも服用するということが大事になってきます。ジスロマックの服用方法としては、1回につき1000mgを服用します。もし、ジスロマックが500mgのタイプであれば、1回2錠服用することになります。中には、1000mgを服用すると、下痢になったり、腹痛などが起こったりすることがあるので、胃腸が弱い人は500mgを1日1回ずつ3日に分けて服用すると副作用の心配がなくなります。服用する際は、水で服用し、食後でも食前でも気にすることなく服用しても大丈夫です。主なジスロマックの効果としては、クラミジアなど細菌の殺菌効果があります。ですから、クラミジアだけではなく、他の細菌に対しても効果があります。ジスロマックを服用する際の注意点としては、まず、副作用については、それほど少ない薬なので、副作用を過度に心配する必要はありません。しかし、他の薬との併用をするときには注意が必要になってきます。併用する薬の種類によっては、副作用が強く出る可能性があるので他に薬を服用する際は注意が必要です。