ジスロマックと性器クラミジア感染症について

性器クラミジア感染症という病気は、クラミジアという種類に属する細菌の一種がひきおこす病気で、性行為によってパートナーからうつされる可能性がある、いわゆる性感染症の一種ともいえます。
あらゆる性感染症のなかでも、我が国ではもっとも感染者が多いといわれていますが、これはクラミジアに感染したとしても、自覚症状がまったくないという場合も少なくはないことから、病気にかかっているのを知らずに性行為に及んでしまうことが一因となっています。
実際に性器クラミジア感染症の症状が出た場合ですが、男性の場合は排尿のときに痛みをともなったり、尿道から透明なうみのような分泌物が出たりします。
女性の場合には、おりものの量が増えたりすることが多いようですが、自覚症状は男性にくらべるととぼしく、それがかえって病気を放置する結果となって、子宮頚管炎や卵管炎といった、別の部位の炎症をもたらすことがあり、ひいては不妊の原因になってしまうこともあります。
こうした性器クラミジア感染症に効果がある医薬品としては、ジスロマックのような抗生物質が知られていますので、婦人科や泌尿器科で処方を受けるとよいといえます。
ジスロマックを服用すると、その有効成分のはたらきによって、体内のクラミジアの増殖が抑制されるため、痛みや炎症などの症状も、じきに治癒することになります。
このジスロマックについては、1回服用してしまえば、7日間にわたって効果が持続するという特徴があるため、処方してもらった後は、頻繁に病院にかかる必要もありません。
ただし、抗生物質というのは、有効成分が血液中に一定の濃度で保たれることによって効果があらわれるため、医師や薬剤師から説明のあった用量を守って服用することがたいせつですので、自己判断で服用する量を少なくするなどはしないように心がけなければなりません。
■クラミジアになったなら放っておかずにこの薬
ジスロマックで治療
■ジスロマックではないクラミジアの薬
エンペシド膣錠はこんな時に使います
■ジスロマックに含まれている成分の正しい作用と副作用情報はこちら
アジスロマイシン